Binary シリーズは、XTOMPと同様にHOTONE独自のモデリングテクノロジー「CDCM」を採用し、各機種がそれぞれのエフェクトカテゴリーをより深く使用できるように設計され、プリセットの保存やリコールをフルに活用することができます。

Binary MODは、コーラス、フランジャー、トレモロ、フェーザー、デチューン、ロータリースピーカー、オートワウ、リングモジュレーター、LoFi、各種のエフェクトを24種類搭載しました。ビンテージの名機を再現したコーラスやフランジャーは、入手が困難なモデルも含まれています。ベース用や必須のオートワウも含まれています。さらに、モジュレーションのディメンションをさらに広げるエクスプレッションコントロールは、パネル上の全てのコントロールノブが操作できます。

・XTOMPのテクノロジーを採用したファミリーモデル
・デュアルDSPプラットフォームが導く高いサウンドクォリティー
・110dB S/N比を実現した24-bit A/D/A変換
・タップテンポ機能
・ステレオ入出力
・エクスプレッション機能:E.LEVEL、A、B、DEPTH、RATE全てのコントロールがリアルタイムのコントロールが可能
・ファームウェアのアップデート、アルゴリズムのロード&マネージメントが可能なFree PC/Mac ソフトウェア等が可能なUSBポートを装備しました。
・10 プリセット(2 presets x 5 banks)

■電源・サイズ・重量
AD/DA:24-bit A/D/A
サンプリングレート:48kHz(Binary IR Cab/44.1kHz)
周波数特性:20 Hz-20 kHz
S/N:Up to 110 dB
電源:DC 9Vセンターマイナス
消費電流:200 mA以上
サイズ:121mm(D)x72mm(W)x47mm(H)
重量:340g
Binary エディターAPP

■プラットフォーム
Binaryシリーズは、カスタムDSPやARMチップによるデュアルDSPプラットフォームを採用することにより、シグナルプロセッシングの処理能力を改善し、さらにリッチでオーガニックなサウンドを実現しています。オーディオ変換は、24-bit A/D/A、44.1kHzサンプリングを使用し110dB S/N比の高い性能をクリアしました。このプラットフォームが、HOTONE独自のモデリングテクノロジーCDCMの迫力あるリアルなサウンドをお届けするプラットフォームです。
全モデルは信号のロスを防ぐためバッファードバイパスを採用しています。新たに設計したこのバッファーアンプは原音を損ないません。

■CDCM アルゴリズム
Binaryシリーズは、XTOMPで定評のあるHOTONEのダイナミックモデリング(CDCM=コンプリヘンシィブ・ダイナミック・サーキット・モデリング)のライブラリーをエフェクトソースとして継承しています。
このモデリング方式は、HOTONE独自の方法で複雑なダイナミックマトリクスを使用し、サーキットモデリングのディテールの再現精度を向上させています。それにより、オリジナル機に肉薄するサウンドを再現することができます。

■バイナリー・エディター・ソフトウェア
Binaryシリーズは全て機種にUSB端子を備えています。付属のUSBケーブルを使用してコンピューターと接続し、プリセット管理やパラメーター設定がPC (or Mac)上で行えます。エディター・ソフトウェアは、スクリーンショットのように非常にシンプルで、直感的に操作して頂けます。
PC上で操作したプリセットはコンピューターに保存できます。それらのプリセットを本体へインポート/エクスポートも可能です。さらに、プリセットのエフェクト(モデル)の説明も表示されますので、エミュレーションのベースになった機種名、各コントロールの詳細が確認できます。

オリジナル HOTONE《ホットーン》Binary MOD【あす楽対応】-その他

オリジナル HOTONE《ホットーン》Binary MOD【あす楽対応】-その他

Twitter Facebo
読み込み中...